普通の運転士が【コミケでコスプレ】やってみた(後編)

0

    8月11日早朝、衣装一式を布団袋に詰め込み、ロッチ王の武器をブルーシートでくるみ、

    両手に抱えて、いざ茂原から電車で出発進行(車内持ち込み規定はクリアできました)!

     

    で、乗り換えること2回、ようやく国際展示場駅に到着です。

    右も左も人、人、人。やっぱりコミケの動員数は毎度毎度凄いなあと感じますね。

    東京ビッグサイトへの人波に乗って、えっちらおっちら大荷物抱えて歩き始めました。

          ついに来ました東京ビッグサイト。ここで本当にコスプレするんだあ…。

     

    開場前の行列に並んで周囲を見回してみると…コスプレすると思しき方は大体スーツケース

    一つで凜として開場待ちしていらっしゃるのが印象的でした。なるほど、衣装一式を

    スマートに運ぶにはこれがメジャーなスタイルなんですね。

    一方自分は布団袋にブルーシート…。初心者バレバレですね。大変勉強になりました(^0^;)

     

    さて、開場。エントランスを抜けて長ーいエスカレーターを上り、展示場6Fの男子更衣室へ。

    当日受付を済ませて大広間の更衣室へ向かうと、ここも凄ーい人、人、人。足の踏み場も

    ないくらいのレイヤーさん達でいっぱいで熱気がムンムンあふれています。

            受付で発行される”ちぇんじ”という登録証

      これがないと更衣室使用もコスプレに出ることもできないのです

     

    皆さん気合いを入れて衣装を着替え、装飾品を慎重に身に纏い、化粧品で熱心にメイクを

    施されておりました。私のような初心者には知り得ないコスプレ技術の奥深さや、

    皆さんのコスプレにかける情熱の強さを目の当たりにして少々圧倒されてしまいましたが、

    自分にはできることを精一杯するしかありません。

    チアフルーツが大好きだという気持ちだけは負けないぞと気合いを入れて着替えました。

     

    さあ、ロッチ王になりきって東展示場外側のコスプレエリアにいざ見参です!
     

           東展示場トラックヤードにて記念すべき第一歩を踏み出しました

     

    …しかし、暑い!!熱中症で体調を崩される方が多いと聞いていたのもうなずけます。

    でも日陰は先客のレイヤーさん達にすでに押さえられてしまっています。でも大丈夫。

    日頃の車両整備も分厚い作業着着て炎天下でやってるので暑さには自信があります。

    お肌には日焼け止めもバッチリ塗布済みですし(笑)、水分補給をしっかり行っていけば

    やっていけそうだと判断し日なたに踊り出ました。

     

    真夏の太陽の下、必死に手を振ったり武器を振り上げたりして存在をアピール。気分は

    大多喜駅で発車する列車のお客さんに手を振るのと似たような感覚で楽しかったですよ。

    さすがに行列ができるなんてことはありませんでしたが、フレンドリーに手を振っていたら

    手を振り返して下さる参加者の皆さんも多く、徐々に「写真撮らせてもらっていいですか」

    の声もかかり始めました。よっしゃあ〜!

     

    外国のお客様に「イッショニ、シャシントリマショウ」とカップルアングルでスマホ撮影

    してもらったり、会場内ネット配信のカメラマンさんに動画を撮ってもらったり…

    「あー、これどっかのアニメのキャラだよね、見たことあるんだよ何だったっけ?」

    と声がけして下さる”惜しい方”もちらほら出てきました。自分としてはもうこの段階で

    手応えを感じられ感無量。名前は出てこなくてもちゃんとアニメキャラのコスプレだと

    認識してもらえただけでも天にも昇らん気持ちでいっぱいでした。

     

    で、そうこうしていたらついに本命のチアフルーツファンの方からも声がかかりました!

    「めちゃくちゃクオリティ高いですよ!写真お願いします!」ですって!

    この声を聞きたかったんですよ!うおお〜神謝神激ですう〜(ノД`)

    コミケに来て果たしたかった野望の一つは無事に達成です!

    頑張ってクオリティ上げておいて良かったあー。

     

    さらにさらに、1月のチアフルーツイベントもご一緒したチアフルーツ大好きなお友達とも

    久しぶりに再会。コスプレ写真をツイッターで紹介してもらっちゃいました。

    さすがチアフリスト、中の人装飾へのこだわりにもちゃんと気づいて頂けて、かぶり物を

    外した状態の写真撮影もリクエストして頂きました。ただただ神謝神激であります(;ω;)。

      ↑チアフリスト(熱烈なチアフルーツファンの意)くっきぃさんのツイートです。

             チアフリスト仲間に紹介して頂けて神謝神激です!

     

     

    その後別のコスプレエリアである防災公園に場所を移します。こちらは特撮・戦隊ものの

    コスプレイヤーさんが多いエリアと聞いていました。チアフルーツも間違いなくその

    カテゴリーですから、行っておくべきだと思ったのです。そしてここでも驚きの出会いが!

    何と何と大多喜高校出身のカメラマンさんにお会いして、かっこいいアングルで写真を

    撮って頂く嬉しいハプニングがあったのです!

     

              激突!アニメ野郎!さん撮影の勇姿です。神謝神激!

              (後日ネット経由でプレゼントして頂いた画像です)

             

    「まさかチアフルーツ関連のコスプレに遭遇できるとは思っておらず大変嬉しかったです。」

    との嬉しいお言葉も頂きました。大多喜からチアフルーツ大好きの気持ちを伝えるために

    コミケに出てきた自分にとって、大多喜高校出身の方とお会いできて、しかもその方も

    チアフルーツファンだったなんて、超絶神謝神激状態でしたよもう 。゜(゜´Д`゜)゜。
    大多喜が聖地のアニメが結んだかのような不思議な縁が感じられ、忘れられない思い出と

    なりました。

      

     

    というわけで私のコミケコスプレ初参戦は終了したのです。コスプレをちらっとでもご覧

    頂いた人の数は間違いなく数千人レベル、写真依頼も50件近くあったと思います。

    ロッチ王コスプレもしっかりと認識して頂けました。初めてのコミケコスプレでしたが、

    多くの皆さんにご覧頂ける喜び、好きなことに全力で取り組むことの楽しさを存分に

    味わえました。ささやかながらチアフルーツの応援もできたのではないかと思います。

    参加を決めたとき抱いていた野望、自分としては充分達成できました。

     

    「初心者の自分がコミケでコスプレなんてとんでもない」と初めは思っていた私でした。

    でも、好きな作品への愛を貫いて無我夢中で取り組んでいたら、齢49にしてコミケの
    コスプレイヤーになることができちゃいました。やはり「好きの気持ち」が何をするにも

    大切なんですね。この歳でもここまで頑張ることができた自分にまた少し自信を持つことが

    できました。

     

    また、コスプレを見る側から演じる側に立場を変えてみたことによって、コスプレに情熱を

    傾けていらっしゃる方々の気持ちも少しずつわかるようになってきました。今までは

    「暑いのに大変だな」くらいの認識でいた自分ですが、好きなキャラクターになりきるための

    努力がどれだけ大変かわかりましたし、努力が実って見てもらえる喜びも実感できました。

    コスプレイヤーの皆さんが来場する皆さんに喜んで頂こうとする熱意や姿勢は尊くもあり、

    観光のお客様をお迎えする鉄道の運転士としても学ぶところが多かったです。新しい見方を

    学べたという点でも、思い切ってコミケにコスプレで参加してみて良かったと思いました。

     

    最後になりましたが、昨年ハロウィンでコスプレを依頼してくれたアテンダントの早苗姐さん、

    いすみ鉄道祭りでコスプレ参加を許可して頂いたいすみ鉄道応援団の掛須団長さん、

    コミケ参加を進言して下さった新田のんさん、衣装の相談に乗ってくれた千葉君、

    画像を提供して下さったくっきぃさん・激突!アニメ野郎!さん、そして、コスプレを

    ご覧頂いた全ての皆さん、会場を作り上げて下さったコミックマーケット準備会の皆さんに

    感謝申し上げます。今回の貴重な体験ができたのも皆さんのおかげです。

    本当にありがとうございました。

     

    チアフルーツという作品自体にも感謝申し上げます。元教員アラフィフローカル線運転士が

    コミケでコスプレをするという稀有な体験をすることができたのも、チアフルーツが大多喜を

    舞台にしていすみ鉄道を登場させてくれたからに他なりません。自分の住んでる町がアニメに

    登場するだけでも滅多にない体験なのに、転職して自分の選んだ職場がアニメの舞台として

    登場するなんておそらく一生かかっても体験できないレベルの出来事で、これはもうファンに

    なって応援するしかないと第一話を見て思ったのを覚えています。その気持ちが今回コミケに

    くる原動力になっていたのは間違いないのです。チアフルーツの制作スタッフの皆さん、

    素敵な作品を世に送り出して下さって本当にありがとうございました。

    コスプレ、癖になりそう…新しい世界が開けたなべちゃん運転士でした。こんな私ですが、普段は

    大まじめに運転士やってますよ。…え?タイトルに”普通の運転士”とあるけどここまでやるなんて

    普通じゃない?確かにそうかも知れません。でも、私の運転する列車はほとんど”普通列車”ですから

    タイトルに間違いはないのです(笑)。こんな私ですが、運転する列車に乗りに来てくれたら

    嬉しいです。これからもよろしくお願いします<(_ _)>



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM