おかえり!302号車

0

    全般検査を実施していたいすみ302号車ですが、無事に検査が終了し、昨日の22D列車より

    営業運転に復帰いたしました。

           16:04発22D列車に充当され、発車を待つ302号車(スニフ号)

     

    全般検査とは原則として8年に一度行われる大がかりな車両検査のことです。

    台車等の足回りから心臓部のエンジンから電装関係に至るまで徹底的に検査・修繕して、

    言わば新車同様の状態に戻すレベルの検査なのです。

    学生さんが夏休みに入るタイミングで検査入場し、再び2両編成の需要が生じてくる

    新学期はじめ頃に検査が終了になるように行われました。

     

    7月末から約1ヶ月を要して業者の明希工業さん・新潟トランシスさん・そして弊社の

    検修担当主任が一生懸命検査に携わり、昨日9月7日、無事出場と相成りました。

    早速運転を担当させて頂きましたが、エンジンは気持ちよく高速域まで吹け上がり、

    力強いパワーが復活したような印象を受けました。台車周りからエンジン、ラジエータ等

    下回りの塗装もきれいに施してもらってピッカピカ、乗り心地もバッチリです。

      乗り心地を左右する台車。空気バネや車輪・ブレーキ機構等徹底的に整備して頂きました。

     

     エンジン類を冷却するラジエータ周りもピカピカ。各種ベルトも新品に張り直して頂きました。

     

      ディーゼルカーの動力の要、エンジン。こちらも分解整備して頂きすこぶる快調でした。

     

       連結器周りや変速機・ブレーキホース等の塗装もきれいに塗り直してもらいました。

     

     

    いつも思うことですが、私たち運転士がパフォーマンスを発揮することができるのも車両整備や

    保線を頑張ってくれる縁の下の力持ちの皆さんがいてくれるからこそ。

    皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、これからも安全運転に努めて参りたいと思っております。

     

    というわけで元気百倍に復活した302号車、これからもよろしくお願いします!

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM