年末年始(12/28(土)から1/5(日)まで)は土休日ダイヤで運行します。

0

    既にいすみ鉄道webサイトにてご案内しておりますが、令和元年12月28日(土)〜令和2年1月5日(日)まで土休日ダイヤで運行いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

     

    年末年始(12/28〜1/5)の運行予定について | いすみ鉄道株式会社

     

     

    平年ですと12/30〜1/3まで土休日ダイヤで運行しますが、今年は曜日の並び的に12/28〜1/5までの9日間、土休日ダイヤで運行となります。御老体に9連勤は堪えますので、大事を取って12/30-31、1/2-3の4日についての急行列車の車両はいすみ形(もしくはキハ20-1303)としております。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

     

    以上より、急行列車の車両及び急行券の要否は以下のとおりとなります。(クリックで拡大)

     

    急行列車がいすみ形車両で運行の日も、アテンダントは乗務しております。いすみ形車両の場合は急行券は不要ですが、記念品としましてはいすみ形車両の場合でもアテンダント、大多喜駅窓口、大原駅売店にて販売しております。どうぞご利用ください。

     

     

    さて、1月1日のヘッドマークは何にしましょうか?やっぱり”ひので”、”きぼう”?

    決まりましたら、いすみ鉄道公式Facebookもしくはこの社員ブログにてご案内いたします。気になる方は両方のチェックをお願いいたします。

    (画像は2019年1月1日のものです。)


    【12/22(日)】クリスマス列車運行いたします。

    0

      いすみ鉄道公式Facebookでお知らせ済みですが、今度の日曜日、12月22日の急行列車はクリスマス仕様で運行いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

       

      《イベント》クリスマス列車運行のお知らせ🎄⭐️

      https://www.facebook.com/isumirail/posts/578494309633665

       

      車内にクリスマスの飾り付けしましたので、その様子をチラ見せ。室内灯を点けていないので暗いですが。。。


       

      12月22日はヘッドマークもクリスマス仕様です。撮影等で気にされる方はご注意ください。

       

      皆様のご乗車、お待ちしております。


      始発ちゃんの個展に行ってきました

      0

        現在SNS上で話題沸騰中の鉄道イラストレーター”始発ちゃん”。その始発ちゃんの初の個展に

        お邪魔してきました!今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

            こちらが始発ちゃんの個展開催会場。山梨県は都留市の宿「ぽっぽや」さんです。 


        …え?始発ちゃんって聞いたことないなあ、という方のために彼女の描く絵をまず

        ご覧頂きたいなあと思います。

        すごいでしょう?列車からホームの建造物、そしてホームに落ちる屋根の影に至るまで

        緻密にていねいに描き込まれています。一目で「昼下がりのいすみ鉄道大原駅」であることが

        分かりますね。描かれた時間帯まで息づく圧倒的な臨場感に、初めて見たときは言葉を

        失いそうになりました。中央に描かれる二人の少女の笑顔が幸せそうでまた素敵です…。

         

        始発ちゃんはこんな作風で全国の鉄道風景を題材に「凄い!本当にその場に居るみたい!」と

        驚いたり思わずため息ついちゃったりせずにはいられないような素敵なイラストを描いて

        いらっしゃる作家さんです。先日始発ちゃんの2020カレンダーも発売されましたが、

        即売り切れで増刷したとか…人気の程がうかがえますね。私も購入しましたが、1・2月の

        「幸福駅」の描き込みも半端ありません。切符に埋もれた笑顔の女の子たちみたいに

        こっちまで幸福な気分になっちゃいそうです!

               1・2月の幸福駅のイラスト。見てるだけで幸福が訪れそうです。

         

        しかも始発ちゃん、いすみ鉄道が大好きでいらっしゃって、いすみ鉄道沿線に引っ越して

        来ちゃったのだそう!そしてこの大原駅のイラストを描いて下さったのです!

        これは、いすみ鉄道職員としては感涙もののお話で、個展見に行って実際にお話を伺いたく

        なっちゃいますよ…もう行くしかありません!個展開催初日が丁度お休みだったので迷わず

        個展へ出発進行!してきちゃった訳なのでありました。

         

        個展の会場は山梨県都留市の宿「ぽっぽや」です。JR中央本線大月から富士急行線に乗って

        7つ目の駅「谷村町(やむらまち)駅」で下車すると徒歩約30秒で到着です。「ぽっぽや」は

        古民家をレトロ駅舎風にリノベーションしたお宿だそうです。入り口に踏切警報器が鎮座して

        いるなど、のっけから鉄道好きさんおいでおいでしてますね。これだけでも胸が高まります。 

         宿「ぽっぽや」さんのHPはこちら→http://www.yado-poppoya.com/

         

        入り口をくぐるとフロントにいらした始発ちゃんご本人から「こんにちはー!」とお声がけ

        頂きました。始発ちゃんイラストに登場する清楚な少女のような明るく素敵なお方でした。

        このお方があの素敵なイラスト描いてるんだあ…。


               ぽっぽやさんフロント。右奥にいらっしゃるのが始発ちゃんの”中の人”。


        このフロントも始発ちゃんによってイラスト化されてますが、蒸気機関車のナンバープレートや

        列車の発車案内板、タブレットに改札口、0系新幹線のお鼻など、鉄分満載で彩られています。

        鉄道好きには何とも心温まる素敵な空間です。


        挨拶を済ませて早速作品観賞へ行くことに。「一階大広間と二階に作品が展示されていますので

        ごゆっくりどうぞ。」とご案内いただき、まずはフロント右の一階大広間から……って!!!

        最初に目に飛び込んできたのはあの大原駅のイラスト!!!し、し、しかも、

            !!!!


         大原駅イラスト原画とご対面!嬉しさで卒倒しちゃいそうですう。はぁぁ…尊い。゚(゚´Д`゚)゚。


        何かこれ見られただけで十分幸せ〜…いやいや、これではレポートになりません。落ち着いて

        一階大広間を改めて見渡すと、広間の壁面に額装された原画がずらりと並んでいます。

        いままでPCモニタ越しでしか見られなかった始発ちゃんイラストの数々が、自分の目で

        じっくりと眺められるなんて何て贅沢なんでしょう!筆致の緻密さに改めて感動です。
        彩色が施されている作品の発色も生で見ると実に鮮やかで、これはネットの画面じゃ
        分かりませんですよ、ハイ。来てよかった〜。


           ネット上でファーストコンタクトした南千歳駅のイラスト。こんなに鮮やかだったとは…。 


        この一階広間にはおコタが二つ並んでて、アンティークな家具まわりに鉄道雑誌やらプラレールやら

        散りばめられ、私みたいな昭和の鉄道好きさんには何とも居心地の良い空間となっていました。



        ポストカードセットやTシャツなどの始発ちゃんグッズも所狭しと並べられていましたよ。

        凄い売れ行きみたいで私が帰る頃には完売したものも多数…始発ちゃん人気凄いですね。

        さて、一度フロントに戻り、今度は広間とは反対側の階段を上り二階へ。急な階段を登り、

        細い廊下を奥へ進むと、奥の一間全体がもう一つのギャラリーになっていました。

          階段登って奥、ちゃぶ台のあるお部屋がもう一つのギャラリーです。昭和っぽさが素敵!

         

        葉っぱの描き込みが半端ない幌加駅・目の覚めるような青空が美しい波並駅等々珠玉のイラストに

        ため息が出ます…武者の鎧に見つめられながら各作品を堪能できますよ(笑)。そして窓の外には

        富士急行の線路…ここで列車を眺めるのも良いですね。宿ののどかな雰囲気が観賞のワクワク感を

        増幅してくれている、そんな感じがしました。

            遮断機降りないかな〜どんな列車来るかな〜のワクワク感もお楽しみ頂けます。

         

        階段を降りてフロントに戻ってくるとフロント周りにも数点イラストが…冒頭紹介の2020

        カレンダーの旧広尾線幸福駅の原画もこちらに。左は愛国駅の原画。一世を風靡した有名な切符

        「愛国から幸福へ」をイラストの並びで再現されてるんですね。素敵な演出です♡

        始発ちゃんに伺ったところによると、一つの作品を仕上げるのにかかる期間は1週間ほど、

        でも幸福駅や幌加駅など描き込みの凄い作品になると2週間くらいかかる事もあるそうです。

        緻密な描き込みは大変だけど、描くの好きだから苦にならないとか…一期一会の鉄道風景を

        大好きなイラストで残していきたいという強いお気持ちがその言葉から伝わってきました。

        今後はいすみ鉄道シリーズも描きたいとのことで、いやが上にも胸が高まります。(≧▽≦)
        楽しみに待ってますね。

         

        ぽっぽやには私の後にも入れ替わり立ち替わり個展の訪問者がひっきりなしに訪れて来ました。

        大阪・群馬・山梨・千葉等々…初日にも関わらず全国各地から。始発ちゃんは、カレンダーを

        注文してくれた方にお礼のポストカードを一枚一枚手描きで付ける神対応をされる方ですから、

        作品だけでなくそのお人柄に惹かれて来訪された方も多かったんじゃないでしょうか。

          購入者一人一人に異なる女の子を描いた直筆ポストカード贈って下さった始発ちゃん。

          世界に一枚だけの貴重なカードです。こんな細やかな心配りできる方だからこそ、

          皆の心を掴むイラストが描けるのでしょうね。


        大広間では「どちらからいらしたの?」とか「納車したばかりのバイクで…」とか訪問客同士で

        声を掛け合いすぐ打ち解け合っちゃう素敵な雰囲気がありました。ぽっぽやという素敵な会場で、

        素敵な作品を見て、始発ちゃんと実際にお話できて…きっとその嬉しさが皆の温かな雰囲気を

        作り上げていたのではないかと思います。その後もお花が届いたり、グッズ完売報告があったり

        する度に自然に拍手がわき起こっていましたよ。心温まるひとときを始発ちゃんと皆さんで

        共有できて、ホント来てよかったなーと思いました。


        以上、始発ちゃん個展のレポートでした。素敵なイラストと温かなおもてなしに癒やされること

        間違いなしです。個展の開催期間は12月29日までの毎日、開催時間は10:00〜15:00です。

        19日以外は始発ちゃんが在廊されていますので、ご都合の付く方は是非足を運ばれることを

        おすすめします。情報によれば19日〜24日の間は始発ちゃんのお友達の焼き芋屋さんも

        やってくるとか…今後の個展期間も楽しそうですね。
        ぽっぽやさんへのアクセス・個展の詳細等は以下の始発ちゃんブログを参照して下さい。
         

         始発ちゃんのブログ➝https://shihatsu-chan.com/
        (個展開催の記事以外にも、始発ちゃんの作品愛や鉄道愛などが伝わってくるブログが

         いっぱいです。ぜひご一読を。)
          
        最後になりましたが、始発ちゃん、今回の個展開催おめでとうございます。そして心温まる

        楽しいひとときをありがとうございました。今後のご活躍にも期待しております。
        なべちゃん運転士でした。


        梅宮辰夫さん、熱演ありがとうございました。

        0

          昭和の名優、梅宮辰夫さんがお亡くなりになりました。

           

          梅宮さんは2013年、いすみ鉄道が舞台となったNHKドラマ『菜の花ラインに乗りかえて』に

          ご出演、訓練運転士鴨川善三郎(かもがわぜんざぶろう)役を熱演して下さいました。
                    梅宮さんはじめドラマ主要キャストの集合写真です

           

          このドラマは当時いすみ鉄道で実施していた「訓練費自己負担運転士養成制度」を

          モチーフにして千葉発地域ドラマとして制作されました。当初はBSプレミアムにて放送、

          のちに地上波全国ネットでも再放送され話題を呼んだドラマでした。いすみ鉄道や

          いすみ鉄道沿線各所でロケが行われ、沿線の知名度向上にも大変貢献してくれた

          心温まる素敵なドラマなのです。

           

                            大多喜駅構内での制作発表会でドラマへの意気込みを語る梅宮さん

           

           NHK千葉放送局『菜の花ラインに乗りかえて』の

           HPはこちら➝https://www.nhk.or.jp/chiba/nanohana/index.html
            
          梅宮さん演じる鴨川善三郎は、吹石一恵さん演じる主人公本多かおりの同期として

          かざみ鉄道に入社、若い頃からの鉄道への憧れを捨てきれず68歳にして鉄道の運転士を

          目指すのです。

          ちょっぴり強面で豪快な性格である反面、優しさに溢れかおりたち同期への面倒見も良く、

          まさに梅宮さんにふさわしい役柄だったのです。幼なじみへの淡い恋心を68歳になっても

          大切にしている、少年のような純情さも持ち合わせた愛すべきキャラクターでした。

           

          私事になりますが、ドラマ制作年2013年に、善三郎たちと同じ訓練生としていすみ鉄道に

          入社した筆者もこのドラマには勇気や元気をたくさん貰いました。梅宮さんはロケの休憩中に

          新人の私にも気さくに声をかけて下さり、とっても嬉しかったのを覚えています。

           

          「スクール☆ウォーズ、見てましたよ!」と話しかけましたら梅宮さんに
          「はは、イソップとか懐かしいねえ」と返していただいたりして、温厚で優しい

          お人柄に触れることが出来、大切な思い出となりました。できあがったドラマの中で、

          あの時言葉を交わした梅宮さんそのままの優しい善三郎を見てやっぱり嬉しくなり、

          善三郎のように鉄道車両への愛を持った立派な運転士になりたいなとも思いましたね。

           

          ドラマの最後に善三郎は「日本中に味のある列車を走らせて日本を元気にしていきたい」

          と言ってかざみ鉄道を旅立っていきました。いつまでも夢を持ち続けアグレッシブに

          生き続ける善三郎の生き様は、ドラマをご覧になった皆様にもたくさんの夢や希望を

          与えていってくれたことと思います。この善三郎に限らず、数々の素敵な役柄を演じ続け、

          日本中に夢や希望を与えてくださった梅宮さんのお姿は、多くの人々の心の中にいつまでも

          生き続けることでしょう。

          梅宮さん、熱演ありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。


          12月8日イベント内 キハ30乗車体験&撮影会のご案内・・・東国吉支線ものがたり

          0

            こんにちは。いよいよ寒さも増してまいりました。

            書いている人はミートテックもひときわ厚くなりましたが

            それでも寒いものは寒い。

            最近太ったね〜〜〜って、よく言われます・・・・・

             

            さて本題でありますが

            今週末日曜日というかもう明日になります。一連のチャリティイベント開催です。

             

            みんなで歌おう!歌声フォークソング列車運転

             

             

             

            こちらは、いすみ鉄道応援団が運営母体となっていただいております。

            お申込みなし、お気軽にふらっとご乗車いただけますので

            ご乗車お待ち申し上げております。

             

            国吉駅では、チャリティイベントいすみ鉄道冬の陣

             

             

            その中で、キハ30を使用したイベント

            キハ30乗車体験・撮影会

            につきましてのご案内をさせていただきます。

             

             

            国吉駅自転車置き場(旧貨物ホーム)から、今回イベントに多大なご協力いただいております

            パチンコABCさんの裏手まで、およそ150mの通称「東国吉支線」をイベント開催時間内に

            行ったり来たりします。

             

            さらに!今回は

             

             

            その運転されるキハ30になんと!

            走る乗車体験が出来てしまうんですヨ!

             

            以前キハオーナーサポーター様限定イベントにて開催しましたが

            今回一般のお客様へは初めてのご案内となります。

             

            特にキハ30に思い出がお有りのかた

            久留里線、八高線、さらに相模線、川越線・・・・

            あ、そもそも木原線で走っていましたし、この62番は勝浦機関区にかつて居ましたから

            バリバリのもと木原線車両でもあります!

             

            なおこちらの乗車体験ご利用の際は、「乗車体験券」が必要です。

             

             

            この乗車体験券は、当日会場にてお買い物をされたお客様にお配りいたします。

            ご乗車方法等や、運行ダイヤなどさらに詳しいご説明は当日会場にてご案内させて頂きます

            基本的に1時間に3往復程度、また12時台は運転休止時間帯となりますので

            どうぞよろしくお願い申し上げます。

             

            また、国吉駅を12:10に発車いたします急行列車とキハ30の並びがベストポジションで撮影できるよう

            キハ30を留め置きます。この撮影会はパチンコABCさんの駐車場をお借りして開催いたしますので

            こちらも是非お見逃しないよう!!

             

            また、イベント内容もチラシ内容よりさらに充実してまいりました。
            お伝えできない部分は当日にお楽しみください。

             

            ぜひ、当日は国吉駅イベントにも足をお運びくださいませ。

            皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            お詫び 当初ここで告知させていただきました

            「キハ30塗装更新記念切符」でありますが

            不具合が発見されたため、一旦発売中止とさせていただきます。

            また発売開始の際にご案内差し上げますので

            いましばらくお待ちください。

            ご迷惑をお掛けいたします。申し訳ございません。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            〜〜ここからはフィクションの世界です〜〜

             

            現在、キハ30-62号車が鎮座しております線路は、愛称路線名は「東国吉支線」としております。

            ここからはその想定される路線の物語をご紹介いたします。

             

            この東国吉支線は、かつて国鉄木原線国吉駅と、当駅より北東へ約2キロ分岐していました

            木原線の支線であった、ようです。

             

            当初は外房線上総一ノ宮から南下し、長生郡睦沢町岩井、夷隅郡岬町岩熊、同夷隅町松丸を経由し

            国吉駅までを結ぶ路線として計画・建設着工された路線の一部、らしいです。

             

            工事は地元の化学工場への貨物輸送が要望されていた事から先に国吉側から進められ

            この工場至近の夷隅町万木までの路線が完成。

            国吉〜東国吉までの1駅区間が開業し

            1日3本の旅客列車と1本の貨物列車が運転されていた、らしいです。

             

            貨物列車は工場までの化成品輸送や製品の出荷等に使われた、ようであります。

             

            しかしながら、国鉄財政難などの理由から計画は頓挫

            この一駅区間も長続きしなかったようですね。

             

            当時の写真があります。

            DD13が化成品タンク車などを牽いているのが分かります。

             

             

            (どう見たってNゲージだろうw)

             

            結局、営業休止を経て廃線になったようでありますが

            先日この廃線跡を探すべく、カメラ片手に調査をしてきました。

             

            まずは概略図

            国吉駅より木原線と並走し、夷隅川を渡ります。

            概略図

            夷隅川を渡りR250相当のカーブで木原線から分岐していきます。

            取材中ちょうど現在のいすみ鉄道列車?が来ました。

             

            概略図

            現在のファミリーマート様付近

            どうやら廃線跡は農道として利用されているらしいです。

            概略図

            県道とクロスし、落合川を渡ります。

            短い区間で橋梁がすでに2か所存在した、のでしょうか。

            建設非効率な気がしなくもないです。

            概略図

            現在のいすみ学園横を通ります。

            東急の緑の電車が保存されていますね。

            (このため、物語ネタ的にここを絶対通したかったですw)

            概略図

            そろそろ終点近く

            万木踏切跡 山の上は万木城跡

            概略図

            終点東国吉駅、現在は地元の集会場になっております。


             

            さらに、ここから化学工場への専用線が延びていたらしいのです。

            概略図付近ですが、痕跡はまったく見当たりません。

             

            〜〜〜というわけで、以上がすべてフィクションの物語です〜〜〜

             

            キハ30-62が保存されているレールは、この東国吉支線の一部として残っているという

            想定で

             

             

            幻の東国吉支線復活運転、として想定させていただきます。

             

            何と申しましょうか「創造鉄」「心象鉄」???

            こんなジャンルもあって良いかと思います。

             

            長文をお付き合いくださいましてありがとうございました。

             

            では、明日の8日(日)はスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            運行情報

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM