チアフルーツ聖地巡礼マップ城下町編 〜チアフルーツ舞台探訪

0

    こんにちは。なべちゃん運転士です。
    アニメ「アクションヒロインチアフルーツ」の聖地巡礼マップ第一弾の大多喜駅周辺編、

    おかげさまで2月の配布開始から今までに330枚以上お客様に手にして頂きました。神謝神激です。

      大多喜駅出札窓口前にて現在も好評配布中です

     

     聖地巡礼マップ第一弾の情報はこちら→http://isumiblog.isumirail.com/?eid=134

     

    そこで…感謝の気持ちを込めまして第二弾を作成させて頂きました!

    今回は城下町編です。城下町通り沿いを中心に、チアフルーツ作中に登場した大多喜町内の建物や

    名物等をご案内すべく、魂込めて作らせて頂きました。今回も地図に記したQRコードをスマホ等に

    かざすとこの記事にたどり着くように作成してあります。地図と記事を照らし合わせながら9カ所の

    聖地巡礼をお楽しみ下さい。特徴ある建物は地図内に網羅したつもりですので、城下町散策マップ

    としてもお使い頂けますよ。

     

    それでは大多喜駅を起点に聖地巡礼に出発進行!!

     

    まずは城下町通りへアプローチ
    チアフルーツ聖地巡礼でも城下町散策でも、まずは城下町通りへ出なければなりません。
    列車を降りて大多喜駅前に出たら右前方の横断歩道を渡って下さい。

              駅を出たら右前方の横断歩道に向かってください。

     


      横断歩道を渡ると天然ガス記念館前の3連ガス灯が目に入ります。

     

    3連ガス灯を左に見ながら脇の坂道を下りましょう。

                         下り坂右手に久保駐車場入り口が見えます。料金は一日最大500円。

              お車でお越しの方はこちらのご利用をおすすめします。 

     

           さらに坂を下ると左手には房総中央鉄道館が。休日限定の営業です。

            館内は鉄道模型レイアウトや房総の鉄道に関する展示がずらり。

           フリー乗車券や房総横断券を提示すると入場料が半額になりますよ。

     

    坂道を下りきったところでセブンイレブンのある三叉路に到着です。

    マップ上では中央下の場所になります。ここを右折すると城下町通りに入ります。

          セブンイレブン前を右折したら城下町通り。さあ、前へ進みましょう。

     

    聖地目指して城下町通りを進みます

    城下町通りは「房総の小江戸」と称されるように歴史を感じさせるたくさんの建物が

    軒を連ねています。最初の聖地博美洞到着までに目に入る主な建物を紹介していきますね。

              大多喜活版所:道路左                           奈美喜手房(手芸店):道路左



      渡辺家住宅(国重要文化財):道路右                 川とや(骨董):道路左



     伊勢幸酒店(国登録有形文化財):道路右       くらや(そば):道路左

     


        有家(とんかつ):道路右           釜屋(旧商家):道路左
     

    チアフルーツ聖地 博美洞(はくびどう)

    道路左手、釜屋さんの一つ奥の建物が博美洞さんです。

     

    アニメ第1話では赤来杏ちゃんが博美洞前を駆け抜けます。看板の位置や形状、ポスターなど

    見事に再現されていますね。入り口に掲げられた看板はアニメでは「手作り家具教室」ですが、

    本当は「手づくり甲冑工房」。紙製の精巧な戦国武将の甲冑作り体験ができる施設です。

    興味がおありでしたら大多喜町観光協会にお尋ね下さいね。博美洞は大正時代の建物だそうで、

    元は逓信省の電話交換所、続いて旧郵便局、陶芸工房として使われ、現在に至っているそうです。


    チアフルーツ聖地 ヨシカワデンキ

    博美洞さんの向かいにある道路右側の電気店さんです。

          城下町通りのレトロな町並みに溶け込むシックなデザインのお店構えです

     

    一方アニメでは10話冒頭で商店街の電気店さんが登場します。その名も「吉川電気」。

    お店の外観には変更がかけられていますが、商店街で吉川電気とくれば、こちら城下町通りの

    ヨシカワデンキさんがモチーフになったのであろう事は想像に難くありません。ご主人に

    「アニメにお店のお名前が登場していますよ」とお伝えすると驚いたご様子でした。

    大多喜がアニメに登場していたことも初耳だったとのことで、チアフルーツの情報を

    バッチリお伝えしておきましたよ。

     

    また、このアニメ画面に登場する街灯はまさに大多喜町の城下町通りの街灯そのものです。

    細かい演出ですが、こんな所にもアニメ制作スタッフの大多喜町リスペクトが感じられて

    嬉しくなりますね(*^▽^*)

    拡大すると分かりますが、街灯カバーには歴代大多喜城主の家紋があしらわれているんですよ。

    右上が本多家の立ち葵、左下が松平家の三つ扇。大多喜町の皆さんが大多喜城や城下町の

    イメージをを大切にされていることがわかりますね。


    チアフルーツ聖地 青龍・日吉神社前
    ヨシカワデンキさん横の細い路地を大多喜町役場方面へ進みますと、青龍・日吉神社前に

    到着します。こちらの神社前の道路が聖地となっています。

     

    アニメ第1話中盤で黄瀬美甘ちゃんが登校するシーンがあります。

    ヨシカワデンキさんから路地を少し進んで神社前方面を望遠で撮影するとアニメそっくりの

    画角になるでしょうか。電柱の配置やガードレール・道路の形状など、おそらくこの場所が

    参考になっていると思われます。このように味のある路地が大多喜町内には沢山ありますので

    アニメにこだわらずお気に入りの風景を探して散策されることもおすすめします。

     

    さて、城下町通りに戻って博美洞前から再び桜台交差点方面へ進みましょう。

          紀州屋(陶器):道路左            商い資料館:道路左

     

    商い資料館を過ぎると寺町通りの入り口。ここから左前方に伸びる石畳の寺町通りには

    その名の通り数々のお寺が点在しています。時間があったら寺社巡りをされてみるのも

    面白いですよ。アニメにも樋井奈(ひいな)寺というお寺が登場しており(写真右)、

    雰囲気の似たお寺があちこちにありますから。いったいどのお寺がモデルなんでしょうね。

    筆者の今後の研究課題です。

     

    さて、寺町通り入り口を過ぎて道路右手に目をやると珈琲処あずきさんがあります。

    このあずきさんの向かいが次の聖地、小安新聞店さんです。

     

    チアフルーツ聖地 小安(こやす)新聞店

    博美洞同様アニメ第1話で赤来杏ちゃんが建物の前を駆け抜けます。建物の再現度はほぼ

    100%と言って良いんじゃないでしょうか。それくらいそっくりに描かれています。

    小安新聞店さんは現役の新聞店さんで、創業はなんと約130年前!明治の時代から続く

    由緒ある新聞店さんなのです。チアフルーツの聖地が大多喜であることを如実に物語っている

    建物なのでありますよ(´▽`)

     

    小安新聞店さんを過ぎるとまもなく桜台交差点に到着です。交差点手前右手には蔵精さん、

    そしてこの桜台交差点前に次の聖地久保田園さんがあります。

                聖地巡礼中間点、桜台交差点が見えてきました。

     

        交差点手前には蔵精さんという和食のお店があります。

        以前はいすみ鉄道のお弁当も作って頂いていました。

     

    チアフルーツ聖地 久保田園(くぼたえん)

    久保田園さんは桜台交差点のT字路の根本にあるお茶屋さんです。

    アニメ第11話冒頭では信号のある交差点から伸びる商店街の様子が描かれています。

    一番手前には「お茶屋」というストレートな看板を掲げた建物が…。

    久保田園さん前からセブンイレブン方向を振り返って写真を撮るとアニメの雰囲気に

    合致しますね。この「お茶屋」のモデルはこの久保田園さんで間違いなさそうです。

    以前大多喜駅前の歓迎塔をブログ記事に取り上げましたが、その際、久保田園さんの

    店主の窪田さんには大変お世話になりました。大多喜共栄会という商店会の会長さんで、

    町の歴史にもお詳しい方です。よろしかったらその記事もどうぞお読み下さいね。

     

     駅前の歓迎塔に関する記事はこちら→http://isumiblog.isumirail.com/?eid=65

     

    チアフルーツ聖地 外廻橋(とめぐりばし)
    この桜台交差点を国道方面に左折するとすぐ次の聖地外廻橋が視界に入ってきます。

    この赤い橋が外廻橋です。現在の姿になったのは昭和53年。40年近い歴史を

    感じさせる重厚な造りですね。

    外廻橋の歩行者専用路を渡って桜台交差点方面に振り返って望遠で撮影すると、

    第1話で杏ちゃんが渡ってくるアングルになります。建造物や道路標識の位置関係など

    精巧に描かれています。奥に見える信号機や久保田園さんの瓦屋根など、

    桜台交差点の雰囲気もよく表れていますね。

     

    チアフルーツ聖地 船子(ふなこ)交差点
    外廻橋を渡ってさらに進み国道297号まで出ると、そこが次の聖地、船子交差点です。

    アニメ第1話で外廻橋を渡った杏ちゃんが次にさしかかったのがこの船子交差点です。

    交差点の袂にある高橋輪業さん側から、はす向かいにある消防署方面を撮影すると

    アニメと似た画角になります。道路標識、電信柱等の長さや位置関係、ガードレールや

    ガードポール、杏ちゃん足下の側溝の金網やコンクリートの蓋などに至るまで

    かなり再現度が高いですね。画面ではわかりにくいですが、消防署前には大多喜町の

    観光案内パネルがあり、季節毎に図柄が入れ替えられます。現在はいすみ鉄道バージョンが

    展示されています。秋口になるとお城祭りバージョンなどもご覧頂けます。アニメにも

    このパネルがちゃんと反映されていて嬉しくなりますね(*^▽^*)

     

    桜台交差点に戻って次の聖地へ

    さて、先ほどの桜台交差点に戻って、再び城下町通りを先へ進みましょう。

    ここから先、城下町通りはクランク状に何度か向きを変えます。一番広い通りを

    進んでいって下さい。最初の角を曲がると右手に豊乃鶴酒造さんが見えてきます。

    豊乃鶴(とよのつる)酒造さんは銘酒『大多喜城』の蔵元さん。以前いすみ鉄道が

    NHKドラマに取り上げられた際にはロケ地として選ばれ、主人公本多かおりの実家として

    ドラマに登場しました(2013放送『菜の花ラインに乗りかえて』)。

    建物は国の有形文化財に指定されています。

     

    チアフルーツ聖地  

    御菓子司 津知家(おかしつかさ つちや)

    豊乃鶴酒造さんの一つ奥の建物が次の聖地、御菓子司津知家さんです。

    津知家さんの建物も房総の小江戸に相応しい厳かな佇まいなんですが、実はこの建物は

    アニメには登場していません。

     

    登場したのは津知家さんの銘菓「最中十万石(もなかじゅうまんごく)」です。

    アニメ第6話では緑川末那ちゃんが「商店街から差し入れのお菓子、もらいました〜♡」と言って

    満面の笑みでお菓子を抱えてきます。これはどう見ても津知家さんの最中十万石ですよね。

     

    最中十万石は、昭和50年に大多喜城が再建されたのに合わせて作られた大多喜を代表する銘菓。

    北海道十勝産の小豆を使用したつぶあんが、最中の皮からはみ出さんばかりに詰まっています。

    たっぷりの甘〜いあんことサクサクの皮とのハーモニーはお茶うけに最高です。最中の皮には

    大多喜城主本多家の家紋「立ち葵」と同じく松平家の「三つ扇」があしらわれています。

    ヨシカワデンキさんの項で紹介した街灯のデザインと同じですね。銘菓にも歴代城主を大切に思う

    気持ちが込められているわけです。大多喜観光のお土産にぜひおすすめしたい逸品です。アニメに

    登場するくらいですから、チアフルーツのスタッフさんたちにもきっと好評だったんでしょうね。

     

    さて、津知家さん前から再び城下町通りを進んでいきます。

    道路右手に大屋旅館さん。建物は明治初期の建築で築130年以上、国登録有形文化財です。

    大屋旅館さん横には夷隅神社の参道があり、奥には夷隅神社が静かにたたずんでいます。
    5と10のつく日には境内で7時30分頃から11時30分頃まで朝市が開催されますよ。

    左手には三河屋呉服店さん。老舗の呉服店さんです。

     

    三河屋さん先のクランクを右に曲がってしばらく行くと右手には老舗の御菓子司ふくだやさん。

    今の季節にあわせ、柏餅が5月中旬頃まで販売されています。どら焼きもおすすめ。

     

    その先の新丁(しんまち)交差点を過ぎると今回紹介する最後の聖地、三口橋に到着です。


                  画面奥に三口橋が見えてきました。

     

    チアフルーツ聖地 三口橋(さんくちばし)

    三口橋に到着。橋のたもとには御禁止川(おとめがわ)公園という可愛い公園もあります。

    この三口橋からは大多喜城・大多喜高校・鉄橋を渡るいすみ鉄道列車のコラボ写真を

    撮ることができます。大多喜町らしさに溢れる構図が人気の撮影スポットです。

    アニメ第2話には黒酒路子ちゃんのお部屋が登場します。彼女の部屋の棚に並ぶ記念写真の一枚を

    拡大すると、何とそこにはこの三口橋からのアングルの写真が登場しているのです。

    チアフルーツスタッフの大多喜町愛・いすみ鉄道愛には目頭が熱くなります。゚(゚´Д`゚)゚。

     

    実はチアフルーツには鉄道要素も満載で、この路子ちゃんは駅長さんの娘で鉄道マニアという

    設定。ヒロインショーの悪役として鉄道コスチュームで登場したり、身近な事象を

    鉄道を絡めて例えようとして「非鉄」の友人たちをポカーンとさせたり…まことに愛すべき

    キャラクターなのですよ。黒酒路子(くろきろこ=黒きロコ)という名前からして蒸気機関車を

    想起させますし…チアフルーツスタッフには鉄道マニアが少なからずいらっしゃったのでは

    ないでしょうか。

     

    さて、せっかく三口橋まで来たので是非寄っていって欲しいスポットをもう一つご紹介。

    橋から徒歩2〜3分の所にある良玄寺(りょうげんじ)です。

    境内には忠勝公園、そして本多家の墓碑があります。城下町大多喜の基礎を作った

    本多忠勝、大多喜町とメキシコのクエルナバカ市との交流の礎を作った本多忠朝の墓碑が

    並んで鎮座しています。このお二人がいなかったらチアフルーツに大多喜城が登場することも

    登場キャラクターのセインブルーが「メキシコのクエルナバカから来た」なんて設定も

    なかったわけですので、こちらの良玄寺もチアフルーツの聖地の一つとして紹介させて

    頂きますね。チアフリストとしては手を合わせずにはおれませんでした。

     

     セインブルー関連のブログ記事はこちら→http://isumiblog.isumirail.com/?eid=86

     

     

    さて、今回の聖地巡礼マップ第二弾の旅はここまでです。最後までお読み下さり

    ありがとうございました。聖地巡礼マップは第一弾大多喜駅周辺編と今回紹介の第二弾

    城下町編を表裏セットにして印刷し、大多喜駅出札窓口下のレターケースにて配布しています。

    ゴールデンウイークもたけなわですし、皆様お誘い合わせの上、大多喜町に聖地巡礼・

    城下町散策に訪れてみてはいかがでしょうか。

     

    なお聖地巡礼の際、町内の移動・横断・撮影時には交通安全に十分ご注意くださいね。

    皆様が楽しい聖地巡礼を満喫されることをマップ作成者として願っております。

     

    P.S.
    1月末の大多喜駅売店一時閉店に伴い、一時掲示を中止しておりましたチアフルーツの

    ポスターですが、許可を頂きまして旧売店のガラス戸に暫定的に再掲示させて頂きました。

    網ガラス内側で若干見にくいですがどうぞご容赦下さい。大多喜駅にお越しの際に

    ご覧頂けましたら幸いです。


    なべちゃん運転士平成最後の投稿?でした。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM