縁の下の力持ち

0

    私たち運転士が日々列車を運転していると、安全運行のために尽力して下さる工務課の

    皆さんの尊い姿を目にすることが多々あります。お客様がご乗車頂いているときには

    あまり目立つことはありませんが、工務課の皆さんがいなければ列車は安全に走ることは

    できません。今日はそんな工務課の皆さんのお仕事をほんの少し紹介させて頂きたいと

    思います。

     

    まず、沿線で最近気づいた例を挙げさせて頂きますと…

    勾配標がピカピカに整備されてあちこちできれいに立て直されています。

     

    勾配標というのは線路の坂がどのぐらいのキツさなのかを表す標識で、記されている数値は

    千分率(‰:パーミル)で表記されています。

    簡単に言うと1000m走ると列車が標高差を○○m登り(下り)ますよということを
    教えてくれる標識なんですね。この写真の場合は14パーミル、1km走行すると

    14m標高が下がる下り坂ということを表しています。

     

    坂の頂上がどこか、どこまでが登りでどこからが下りなのかわかりにくい場所でも
    この標識のお陰でブレーキや加速のタイミングを計ることができる、運転士にとっては
    大切な標識。でも木製ですから風雨にさらされ続けると色もあせ、腐食が進み、時には

    倒れてしまいます。

     

    でも、ここ数ヶ月で何本もの勾配標がリフォームされ、数字フォントも丁寧に描かれ

    復活しています。白くてピカピカの勾配標を見ると運転してるこちらも清々しい気分に

    なりますし、運転もしやすくなり嬉しい限り。ありがとうございます。


    工務課の鈴木さんによればキロポストも順次塗り直して下さるそう。

    キロポストは大原駅の起点からのキロ程を教えてくれる標識です。沿線に100mごとに立って

    います。倒木があったとかで運転士から指令に報告する際や、○○km付近で工事をやってるから

    注意して、等々指令さんから連絡を受けた際などに頼りになる大切な標識なんです。

    ちなみに写真は起点から2km800mの位置に立つキロポスト。塗り直してもらって白さが光ります。

    遠くからでも視認性ばっちりで嬉しいですね。

     

    線路も乗り心地向上のために日々整備して頂いています。次はこちらをご覧下さい。

    キハの足下の線路のバラストが色違いになっていますね。

     

    拡大してみると分かるように、色違いの箇所は新しいバラストと新品の枕木に交換された
    場所なんです。工務課の皆さんが時々営業列車に添乗し、線路状態や列車の揺れを調査して、

    修繕が必要な箇所を見つけ次第整備し直して下さっているんです。乗り心地が改善された箇所も
    たくさんあり、これまた運転士として感謝ですね。お客さんにはできるだけ安全快適に

    ご乗車頂きたいですから。

     

     

    また、先日の台風来襲では塩害で電車が止まったと言う事例があちこちでありましたが、
    いすみ鉄道でも塩害による踏切故障が起こりました。塩分が原因でショートし、一度
    降りた踏切が上がらなくなるという事象です。後から聞いたお話では電気担当の皆さんで線路を

    ぞうきんがけして塩分を拭き取り、さらに真水を散水してようやく復旧したそうです。

    アクシデントにも迅速に対応して頂き、本当に感謝ですね。

     


    こちらは大多喜駅構内に留置中のモーターカー。後ろには除草剤を充填するタンク台車が

    連結されています。先日も終列車が終わった後の深夜帯、工務課の皆さんがこのモーターカーで

    出動し、除草剤を散布して下さいました。草が伸びて列車が踏むと草の汁で車輪がスリップする

    原因となります。未然に不具合の原因を取り除いて下さっているんですね。

    このモーターカー、高所作業にも対応しているので、列車に支障のある木の枝等を払うための

    深夜作業等にも活躍しています。そのたびに工務課の皆さんにはご苦労頂いています。

    他にも、地域の方と協力して草刈りを暑い中頑張って下さったりなど、この夏も

    工務課の皆さんは草や樹木と格闘して列車の安定運行を守り通して下さいました。

     

    載せきれませんでしたがこの他にも信号施設の整備等々、工務課の仕事内容は多岐にわたり、

    枚挙にいとまがありません。安全に列車が動かせるのも皆さんのご尽力があってのことです。

    縁の下の皆さんの頑張りのお陰でいすみ鉄道の列車は走り続けることができるのです。

    私たち運転士も工務課の皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに乗務に臨んでいきたいですね。

    ご来訪のお客様にも、これら縁の下の力持ちの存在に、時に思いを馳せながらご乗車頂ければ

    幸いです。

     

    作業中の写真はないので、いすみ鉄道が登場したアニメの画面から工務課の皆さんのお仕事を

    イメージしてみて下さいね(TBSアニメ「アクションヒロインチアフルーツ」より)。

    保線の皆さんにもきちんと光を当ててくれる…尊いアニメですねえ(ノД`)。

     

    工務課の皆さんいつもありがとうございます。なべちゃん運転士でした。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM