感謝の気持ちを忘れずに

0

    こんにちは。なべちゃん運転士です。

     

    私事になりますが、先日朝日小学生新聞・中高生新聞の取材を受けて、仕事内容を記事にして

    頂きました。両紙それぞれの紙面で「みんなのお仕事」「夢ナビお仕事リポート」と銘打たれている

    コーナーで、様々な職種の方にインタビューをして、登場する人の仕事内容や仕事への向き合い方、

    やりがいや今までの歩みなどを学生の皆さんに向けて紹介するコーナーの記事なのです。

                 こちらは朝日小学生新聞(5月28日号)

     

            こちらは朝日中高生新聞(4月29日号)

     

    私は「鉄道の運転士」ということで取材を受けさせて頂きましたが、嬉しいやら恥ずかしいやら…

    運転士さんは日本中に数多いらっしゃるのに新米の私でいいのかな?というのがこのお話が来た時の

    正直な気持ちでした。でも、読者である学生の皆さんの将来の指針の一つになるのならばと思い、
    精一杯インタビューに答えさせて頂きましたよ。

    担当の今井記者さん、素敵な記事をありがとうございました。(*^o^*)

     

     

    さて、今回の新聞登場にあたり、私はお世話になった皆さんへの感謝の気持ちも申し上げずには

    いられません。運転士になる夢を捨てきれず、40代半ばで転職して鉄道業界に飛び込んだ私が、

    夢を叶えて新聞のインタビューを受けることができたのも、私をここまで育てて下さった皆さんの

    ご尽力の賜なのですから…。


    例えば、運転士の国家筆記試験に向けては、鉄道部長さんに鉄道の法令や規則を1年間懇切丁寧に

    教わりました。国家実技試験に向けては、実際の車両の運転や点検の仕方、機器の取り扱い方から

    危機管理への心構え、緊急時の対応等、様々な技能を運輸主任さんに懇切丁寧に授けて頂きました。
    苦労の甲斐あって国家試験に合格できたときの喜びは忘れることができません。


              鉄道部長さんに教えて頂いた際のテキスト類の数々

     

    国家試験合格後はOJT訓練が始まりましたが、実際のお客さんを乗せてのスムーズな運転、

    乗り心地を意識した運転、緊急時の対応の仕方などについてはJRから出向のベテラン運転士の

    皆さんに懇切丁寧に教えて頂きました。国鉄仕込みの運転技術を伝承して下さり感謝感激です。

    教えて頂いたことを元に、お客さんが安全に快適に乗車できるブレーキ扱い等、これからも

    探求し続けて行きたいです。

               動力車操縦者免許取得後の初訓練運転の様子

     

    運転司令さんからは日々めまぐるしく変わる天候や線路環境に応じて適切に連絡を取り合って

    運転に取り組むことの大切さを教えて頂きました。車両整備や窓口の出札業務も兼務して

    いますので、検修担当の運輸主任や運輸課長、自社養成運転士の先輩の皆さん、総務課の

    皆さんにもさまざまな技術を伝承して頂きました。また、沿線の樹木伐採や草刈り・除草剤

    散布など、工務関係のお仕事も体験しました。これらの体験を通じて、列車の運行は職場の

    みんなの協力によって支えられている尊いものだということにも気づくことができましたね。

    当たり前ですけど、列車は運転士だけいれば走らせられるものではないのです。

     

    入社してしばらくは、売店の仕事や急行列車のアテンダントの仕事も務めさせて頂きましたが、

    状況に応じお客さんに分かりやすい適切なアナウンスをする技術を向上させることができたのは

    先輩アテンダントの皆さんのご指導の賜ですし、ワンマン運転での運賃収受や接客態度に

    ついてのスキル向上は売店勤務を通じて売店スタッフの皆さんに育んで頂いたものです。

            売店研修中の写真。左から鳥塚前社長とみどりお姉さんと私。

               (週刊エコノミスト2013年6月4日号より)

     

    営業の皆さんが会社の宣伝を積極的に行い、テレビの撮影対応や団体のお客様のご来訪も

    増えました。そのご案内に協力することで、みんなで会社を盛り上げていくことの大切さに

    ついても学ぶことができたように思います。私がこうやってブログを書いたり、運転士姿で

    のど自慢に挑戦しようとしたりするなんてのはこんな想いから来ていますね(*^^*ゞ。

    今回の取材のお話が舞い込んだのだって、営業の皆さんが会社をメジャーにしようと今まで

    努力し続けてくださった結果だと自分は思っています。だから二つ返事でOKしたのですよ。

     


    このように、今の私が成長することができたのは職場の皆さんのおかげなのです。今回の

    新聞記事では私の乗務の様子が紹介されておりますが、それができるようになった背景には、

    私を教え導いて下さった多くの皆さんの存在があったこともご承知頂ければ幸いに思います。

     

     

    最後になりますが、鳥塚前社長への感謝の気持ちも忘れることはできません。社長が

    「訓練費自己負担乗務員養成制度」を世に問うて下さったからこそ、私は小さい頃から

    恋い焦がれた「鉄道の運転士になる」という夢を実現することができたのです。教員だった私が
    「諦めなければ夢は叶うということを、最後に身を以て教えられるように頑張るよ」
    と最後の教え子たちと別れるときに交わした約束を守ることができたのも、今回新聞記事にして

    頂いたのも、関係機関に粘り強く交渉して下さった社長のご尽力があってのことなのです。

     

    社長が退任にあたっての取材を受けた際、「一番の思い出は自社養成運転士制度です。」
    と答えて下さったそうです。私たちにとってこれ以上嬉しい言葉はありません。
    「お客様に楽しい思い出を持ち帰って頂くことが大切」という社長の言葉を忘れずに
    これからも安全運行に務めていくことで恩返しをしていきたいと思っています。

            社長の著書を購入した際頂いた励ましのサイン。一人前になれたかな…

     

     

    運転士として独り立ちしてまだ3年半。私はまだまだ新米の域を出ません。日々の安全運行を

    支えて下さっている皆さんへの感謝の気持ち、いすみ鉄道を様々なメディアに向けて情報発信して

    下さっている営業の皆さんや応援団の皆さんへの感謝の気持ち、そして何より日々いすみ鉄道を

    ご利用・ご支援下さっている地域の皆さんや観光のお客様皆様への感謝の気持ちを忘れずに、

    これからも自分を磨いていきたいと思います。


    …というわけで、今回新聞に登場することができた背景には、本当にいろいろな方の支えがあった

    というお話でした。皆さん本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、今後とも

    いすみ鉄道をよろしくお願いいたします。

     

     

    ちなみに、今回ご紹介させて頂いた各新聞はバックナンバーとして購入可能だそうです。

    朝日小学生新聞5月28日号、朝日中高生新聞4月29日号になります。興味がありましたらお近くの

    朝日新聞販売店、または朝日新聞販売部03-3545-5227までお問い合わせ下さいね。

     

    (鳥塚社長9年間お疲れ様でした。本日はC58キハ58EF58記念日おめでとうございます。
     なべちゃん運転士でした。)



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM